福岡県アマチュア野球専門誌 フリーペーパーFBスカウト電子版

フリーペーパー本誌過去記事一覧

 

2014年03月16日(日曜日)

【2014年】硬式野球フレッシュリーグ九州北部地区連盟春季福岡大会2014 筑紫野ドリームズ、春季大会は第3位 !!

26年3月16日(日) 九州三菱夜須球場 準決勝

筑紫野ドリームズ
101 010 1|4
122 200 ×|7
若松ダイナマイトクラブ(北九州市)

筑紫野ドリームズメンバー

【主将】伊藤雅治、幾竹海斗、石井蓮、井上功大、入江航、上野結心、須﨑美里、竹上哲史、田中大輝、田中翔利、田中天盛、床島輝羅、橋本真生、栁太貴、矢野駿典、緒方音欧、斉藤健友、武冨祐希、鶴田裕亮、野口凜、藤田太陽、古門直樹、松藤剛人、峯圭汰、三原丈、吉村紘輝、米井武瑠

▲パワフルな打撃が魅力の左の大砲・矢野駿典君

序盤の失点が響き、 最後まで粘るも反撃及ばず

フレッシュリーグ九州北部地区連 盟春季福岡大会2014、筑紫野ドリームズは、準決勝までコマを進め るが惜敗。今年最初の大会は、第3位 の成績。準決勝の対戦相手は、若松ダイナ マイトクラブ ( 北九州市 ) 。先攻・筑紫 野ドリームズは初回、橋本君のヒッ トなどで一、二塁とし、いきなり得点 圏にランナーをすすめると果敢にも ダブルスチールをかけ、これが相手 チームのミスを誘い幸先よく先制点 を挙げるも、その裏にすぐさま同点 に追いつかれる。2回裏に若松ダイ ナマイトクラブが逆転。なおも1死 満塁で伊藤くんがマウンドに上がる も、若松ダイナマイトクラブの勢い を止められず、守備の乱れなどもあ り徐々に失点を重ねる。3回表に1、 2番の連続ヒットで1点を返して、 その後さらにチャンスを広げるが、 タッチアップで憤死するなど、なかなか波に乗れずに試合が進む。筑紫 野ドリームズは最後まで粘るが序盤の失点が響き惜敗。トーナメントを勝ち上がってきた 準決勝までの試合を振り返ると、一回戦(宇美スターズ戦)は、10対0。双子の弟・田中翔利君、武冨君、伊藤君の3投手での完封リレー。打っては 猛打で圧倒した。二回戦(柳川ボーイズ戦)は、9対 2。橋本君の打った瞬間それとわかるレフトへの特大ホームランがチームに勢いを呼び込み、一気に加点。終わってみればコールドゲームでの勝利。準々決勝(福岡アストロズ戦)は、一転、投手戦となり1対0での勝利。フレッシュリーグきっての好投手サウスポーコンビ江口投手、浦田投手擁するアストロズとの息詰まる接戦をものにした。得点は下位打線がワンチャンスでもぎ取った1点のみ。投げては、主将・伊藤君が好投してア ストロズ打線を完全シャットアウト。そして準決勝で勝利した若松ダイナマイトクラブは、そのまま決勝戦でも勝利し優勝。筑紫野ドリームズ、2014年の初陣となった春季大会は第3位に終わった。大会中色んなアクシデントに見舞われるなど決してベストな状態とは言えないなかの大健闘。今後さらに調整して、ベストメンバーで、もっと上を目指してほしい !!

▲準決勝で先発する武冨祐希君

▲準々決勝力投する伊藤雅治君

▲二回戦で特大ホームランを放つ橋本真生君

▲一回戦先発の田中弟、三塁は田中兄

 


RISE(ライズ)東京 RISE(ライズ)東京マットレス&枕&掛け布団の注文はこちらから