福岡県アマチュア野球専門誌 フリーペーパーFBスカウト電子版

電子版記事一覧

 

2018年11月03日(土曜日)

【硬式野球・フレッシュリーグ北部地区】【第33回秋季大会決勝戦】球道ベースボールクラブ 対 佐賀フィールドナイン

この試合の詳細は、FBスカウト11月号に掲載致します。

大差をひっくり返す逆転勝利で、球道ベースボールクラブ二連覇達成!!

▲大会二連覇の球道ベースボールクラブ

 

2018年11月3日(土) 第33回九州選手権秋季九州北部地区大会2018  決勝戦 今津運動公園野球場

球道ベースボールクラブ
000 222 1|7
320 100 0|6
佐賀フィールドナイン

【球道BBC】矢野、内堀 - 田中
【佐賀FN】西田 - 富崎
【三塁打】田中2(球道BBC)
【二塁打】西田(佐賀FN)

 

佐賀フィールドナインが序盤に5点を先制し、試合の主導権を握る。対する球道ベースボールクラブは、試合中盤からコツコツと得点を重ね、ついに6回表、8番内堀君のライト前タイムリーで同点に追いつく。最終回、1番田中君がこの日2本目の三塁打でチャンスを作ると、3番矢野君がセンター前にポトリと落ちる気迫のタイムリーヒットでついに勝ち越し。球道ベースボールクラブが粘り強い攻撃をみせ、見事な逆転勝利で大会二連覇を決めた。

この試合の詳細は、FBスカウト11月号に掲載致します。

 

▲準優勝の佐賀フィールドナイン

 

▲球道BBC先発の矢野君

 

▲佐賀FN先発の西田君

 

▲1回裏、二死一三塁から5番円城寺君が右前へ先制打を放つ

 

▲1回裏、6番龍君(1年生)がライトオーバーの2点タイムリーを放つ

 

▲6回表、ライト前へ同点タイムリーを放つ内堀君

 

▲7回表、二塁を蹴って三塁へ進む1番田中君

 

▲決勝点となるタイムリーヒットを放つ矢野君

 

▲リリーフ登板で好投する内堀君

 

この試合の詳細は、FBスカウト11月号に掲載致します。

 

速報記事を中心にしておりますので、誤字脱字が発生する事がございます。どうぞご了承の上、本サイトをご利用ください。また訂正に関しましては、お問合せフォームよりご連絡下さい。出来る限り対応させて頂きます。

 


RISE(ライズ)東京 RISE(ライズ)東京マットレス&枕&掛け布団の注文はこちらから